地域の子どもたちと

歳の差80歳の合同散歩

民生委員さんの後押しを受けて手探りで始めた合同散歩も早3年目突入です。

伊勢田保育園年長組さんと平均年齢86歳のナイスライフのご入居者が40名もの団体で賑やかに散歩する姿も、そろそろ伊勢田町で噂になっているのではないでしょうか?!

気候の良い季節は名木公園や伊勢田神社まで散歩し、散歩に向かない時期は一緒に歌ったり踊ったりして遊んでいます。元気いっぱいの園児達ですが、ご入居者のゆっくりとしたスピードに合わせて歩いてくれます。行った先ではドングリ、花、虫の死骸など、何でも拾ってきて「手出して」と掌にのせてくれます。ご入居者はそれがどんな物でも大事に持ち帰られます。

ある日の散歩で、ご入居者と手を繋いで歩いていた女の子が「なぁなぁ、おばあちゃんの夢って何?」「私はアイドルになることやねん!」と話していました。「なんやろなぁ?わからんわ」と答えるご入居者の後ろで何だか妙に考えさせられた管理者でした(笑)

(この誌面をお借りしまして)園長先生、うめ組、ふじ組の先生、民生委員さん、そして子ども達! いつもありがとうございます。

認知症キッズサポーター養成講座

昨年に引き続き、伊勢田小学校4年生を対象にした認知症サポーター養成講座を伊勢田小学校で開催しました。出前講座としてグループホーム職員が簡単な講義と寸劇にて認知症についての理解を広めました。

そしてこの講座だけで終わるのではなく後日、実際に認知症高齢者であるグループホームのご入居者との交流会も行いました。児童たちは、ご入居者に対してわかるようにやさしく接してくれて、私たちが伝えたことをしっかりと実践している姿にサポーター養成講座の意義を感じることができました。