白川明星園特別養護老人ホーム

みんなで手と取り合って、心をよせあって、輪になって和になって、今を大切に

宇治明星園白川特別養護老人ホームは、24時間、365日の食事、排泄、入浴等日常生活に関わる動作の自立支援を行います。当園ではユニットケアを行っています。障子で仕切った個室的しつらえの居室等があり、利用される方一人ひとりに合わせたケア環境で、入居される方が自分らしく過ごせるよう支援させていただきます。 「今」という時を、笑顔で生活していただけるよう、新しい輪を作っていきたいと思います。

ここが自慢!

img_jiman

個性豊かなユニット

完全ユニットとは異なり、ユニットの垣根なく広く自由に行き来することができます。
どのユニットで暮らしていてもみんなが顔なじみ。
ご入居者同士すれ違えば、手を振りながらご挨拶。
家庭的で温かみのある生活環境の中で、自分らしく楽しくいきいき過ごしていただけます。

居室にリビングに小さな輪

当園には、「みどり会(ご入居者の会)」と「入居者家族の会」が組織されています。
ご家族同士時間を合わせるなど頻繁にご家族が来園され、リビングでは親しくなられた、ご入居者と家族、そしてスタッフで小さな輪がでてきています。
ご家族にとっても、ご入居者にとっても心通う大切な時間です。

「今」という一瞬を大切に~ご利用者・ご家族・スタッフで悔いのない日々~

自宅に帰って奥様の手料理を食べて、大好きなお風呂にゆっくりと入ってこられました。
担当の職員が介護し、とても気持ちよさそうに入浴。奥様もご主人の好きな食事を作って、楽しみに待っていてくださいました。

出町柳に住んでおられ、毎月、近所の神社にお参りに行かれていた。
体力的に遠くまで行けないので、宇治上神社と近くの喫茶店でパフェを食べられました。

100歳のお誕生日に、子供さん、お孫さん、ひ孫さん達が沢山来られ、お祝いをしました。
子供さんが、大きなケーキを用意され、いつも一緒に生活するご入居者やスタッフにふるまって下さいました。

ご家族の声

白川明星園が開所して間もなく、母が入居することになりました。当時、父は一人でいる寂しさもあって、母を入居させたことに葛藤している様子が父の日記に書いてありましたが、白川に通ううち、父は「白川なら安心して妻をお願いすることができる」と言うようになっていました。その父もその後、要介護状態となり、白川特養に入居しました。
入居してからも母と過ごす時間を大切にしてくださり、楽しい日々を過ごすことができました。そして、父が他界した時、園から母を告別式に連れてきてくださり、寝たきり状態で何もわからないと思っていた母が涙を流したんです。その頃のことを思い出すと嬉しくて涙がでます。
人の絆を大切にする、これからもそんな白川特養であり続けてほしいと願っています。

担当スタッフより

尾中 督斗 (介護副主任)

ご利用者の方々の生活において、少しでも望まれていることをお手伝いができればと思っています。
その中で1人の人間として楽しいことも辛いことも共有できればと考えています。

山元 祥代 (介護職員)

毎日をご入居者の皆様と、笑顔で過ごせるようにと思いながら働いています。
いつも、私が笑顔や元気を提供していると言うよりも、ご入居者の皆様に笑顔と元気を頂いています。
“毎日笑顔で元気に明るく”をモットーに、より良いケアの実践に努めたいと思います。

施設プロフィール

事業所理念

一人ひとつの願い事の実現に向けて総力を結集し、共に喜び・悲しみ・笑い・勇気がもてる関係づくりを大事にしよう。
~どんな思いを込めて行うか、可能性があるかどうかを大切に~

利用対象者 要介護1~5と認定された方の内、常時介護を必要とし、かつ居宅に於いて介護を受けることが困難な方
サービス内容 食事・排泄・入浴など生活に関わる動作への支援
入所定員 50名(従来型特養)
職員数 40名
開設 平成9年4月
住所 〒611-0022 京都府宇治市白川鍋倉山22番地10
TEL 0774-21-6055
FAX 0774-21-7215

職員資格取得状況(平成28年7月1日現在)

社会福祉士 4名 正看護師 3名
介護福祉士 19名 准看護師 1名
社会福祉主事 8名 衛生管理士 1名
ホームヘルパー2級 15名 管理栄養士 1名
介護支援専門員 7名

利用料金について